働きマンのドラマ版キ

働きマンのドラマ版キャスト◎キャスト 松方弘子■菅野美穂 梅宮龍彦■伊武雅刀 成田君男■沢村一樹 菅原文哉■津田寛治 小林明久■荒川良々 渚マユ■平山あや 梶舞子■吉瀬美智子 田中邦男■速水もこみち 堂島保■野仲イサオ 山城新二■吉沢悠 荒木雅美■佐田真由美 ☆おもな登場人物の説明☆この作品に登場するキャラクターの名前は、映画「仁義なき戦い」シリーズに出演した俳優をモチーフにしています。松方弘子:本編の主人公。女性編集者。独身で元巨乳、そして勝気。仕事や恋人との関係で悩んでいようが、プライベートが犠牲になろうが、いざ仕事となると男スイッチが入ったのかと思うほどの猛烈ぶり。後輩にも「働きマンです!」と言わしめている。身だしなみには気をつかうタイプで、アクセサリーにいたるまで抜かりない。が、いったん仕事モードに入るとファッションだけでなく、恋愛も寝ること食べることもおろそかになってしまう。30歳までに編集長になることが夢。名前の由来は松方弘樹。梶舞子(31):弘子の先輩編集者。性格は冷静、そしてセクシー。エレガントな大人の女。いかにも、仕事らしい仕事はしない、というポジションに上手くおさまっている。声は大原麗子そっくり。名前の由来は梶芽衣子。野川由実(26):スポーツ(主に野球)担当。可愛い容姿とおっとりした雰囲気、女の子らしいフェロモンたっぷりで男受けは抜群。そのため陰口を叩かれることもしばしば。しかし見かけよりも実はしたたかで、芯も強い。「『女』で仕事が取れるんならそれでいい」が信条。名前の由来は野川由美子。荒木雅美(28)弘子の親友。仕事が忙しく友人付き合いをおろそかにしている弘子が、唯一親しく連絡を取り合う女友達。内科医の見解から、仕事・仕事・仕事!の弘子に、性生活も含め生活の改善を忠告しまくっている。成田君男(なりたきみお)(39)デスク。弘子にとっては頼りになる上司。独身で趣味はアウトドア。性格は大らかで、且つ冷静な大人の男。面倒臭い事はサラリと交わしつつ美味しい所はもっていく・・・人呼んで「生き方上手」。名前の由来は成田三樹夫。

働きマン用語集。■漫画に出てくる用語の解説■【1巻に出てくる用語】 天端・・・建設用語で、構造物の最上端のことをさす。 納豆巻き・・・3話目で登場する納豆巻き。松方の代名詞とも言える。牛丼消滅・・・2004年3月(この回が「モーニング」に掲載された時)に、BSE騒動でアメリカ産牛肉が輸入禁止となった。そのため多くの牛丼チェーン店で、牛丼の販売が中止された。 ヒメロス・・・女性ホルモンの一種である、卵胞ホルモンを配合した、更年期障害、不感症などに効果のある大東製薬工業の医薬品。 フリージア・・・フリージアはアヤメ科の植物で、主に白や黄色の花を咲かせる。赤や薄紫の花を咲かせるフリージアもあるが、病気に弱いため市場にはほとんど出回らない。繊細でほんのりとした甘い香り。ずんだもち・・・宮城県の郷土菓子。ゆでた枝豆をすりつぶして、砂糖を加えて作った餡(ずんだ)を絡めたお餅。 軍艦に乗りたかった・・・軍艦マニアとしても知られる、安野モヨコさんの夫・庵野秀明監督の影響では? 年金問題・・・今年2007年に発覚し大騒ぎとなった、年金記録の管理問題ではなく、1巻では2004年に発覚した、年金未納問題を発端とする一連の騒動。配置換え・・・この時期に『シュガシュガルーン』(安野モヨコの作品)を担当していた編集者が、配置換えで交代になったため、それがこの話のモチーフになったと思われる。 ゲルマニウム温浴・・・安野さんの事務所の近くに、ゲルマニウム温浴がオープン。うどんバブル・・・2002年頃、蕎麦文化である関東に、讃岐うどんチェーン店がオープンしたのがきっかけで、讃岐うどんブームが起こる。

働きマン・登場人物紹介。梅宮龍彦(うめみやたつひこ)(45)編集長。典型的なオヤジ。妻子とは別居中のため一人暮らし。 小鳥を飼っている。外見は細身でひょうひょうとしているが、JIDAIの元敏腕記者。こう見えていざという時は肝が据わっており、部下への発言は的を射ている。名前の由来は梅宮辰夫。小林明久(28)弘子と同期で飲み友達。あだ名はこぶ平、こぶちゃんなど。担当は風俗とグルメ。見かけは肥満体系で眼鏡をかけておりオタクっぽい。編集部きっての情報通。思った事はあっさり言って裏がない性格。名前の由来は小林旭。田中邦夫(22)新人編集者。仕事よりもプライベート重視。そのため仕事ぶりも常に中途半端で、労力や努力を嫌う。その労働態度は弘子のカンにさわる事ばかり。失言も多く、付き合いも悪い。経験不足なため、暴走気味に行動する時もあり。ファッション雑誌への転属を希望している。名前の由来は田中邦衛。堂島保(40)先輩編集者。皮肉屋で根に持つタイプ。そして反面編集者としてのプライドも高い。弘子を嫌っている。山登りが趣味。菅原文哉(32)張り込み専門の、張り込み屋。無愛想で無口で 女と仕事をするのを嫌がる。昔張り込みを嫌がり配置換えを願い出た弘子のことは今でも気に入らないが、弘子の仕事ぶりには一目置いている。名前の由来は菅原文太。山城新二(28)大手ゼネコン勤務、4年越しの弘子の彼。性格は温厚で人あたりがよい。仕事は現場監督を経て営業。自分の仕事に対する姿勢が、弘子のように熱意を持って臨めていない事を悩んでいる。ある事件をきっかけに破局に至る。名前の由来は山城新伍。

アニメ『働きマン』☆放送☆2006年10月12日より毎週木曜日24時45分から。フジテレビ“ノイタミナ”枠にて、全11話で放送されました。(関西テレビ、東海テレビ、テレビ西日本、新潟総合テレビでも放送)☆配役☆松方弘子役■田中理恵さん 山城新二役■花輪英司さん 梅見龍彦役■西村知道さん 野川由美役■宍戸留美さん 渚マユ 役■福園美里さん 成田君男役■堀内賢雄さん 小林明久役■うえだゆうじさん 菅原分哉役■中井和哉さん 田中邦男役■役保村真さん 梶舞子 役■田中敦子さん 田中理恵さんは『機動戦士ガンダムSEED』や『ちょびっツ』などでお馴染みの方。ベテラン声優陣が勢揃いしているので、作品の完成に期待が高まりますね。主題歌はPUFFY「働く男」エンディングテーマはチャットモンチー「シャングリラ」。挿入歌にはサンボマスター。●放送開始時期/2006年10月12日より放送●日時/毎週木曜日、深夜(ノイタミナ枠)●放送局/フジテレビ“ノイタミナ”にて放送(初回放送時間25:15〜) ※関西テレビ、東海テレビ、テレビ西日本、新潟総合テレビでも深夜放送●原作/安野モヨコ(週刊モーニング、講談社刊)●監督/小野勝巳●キャラクターデザイン/香川久●アニメーション製作/ぎゃろっぷ●シリーズ構成/大島里美●製作/働きマン製作委員会●公式サイト/http://www.hataraki-anime.com/


RSS関連リンク
びっくらこ。
全然勉強してなくて大ピンチ だけど 今週は空き時間全て働きマンばりに勉強するけど (「働きマンになると・・・通常の3倍の速さで仕事をするのだ。その間の寝食恋愛衣飾衛生の観念は消失する」 出典:漫画「働きマン」より) それでも1週間勉強で受かったら奇跡

〔働きマン〕?働きマン?
!えっちな働きマン ドラマ 主人公 仕事 原作 安野モヨコ 安野モヨコさん 松方弘子 漫画 菅野美穂 速水もこみちちょっとエッチな映像 働きマン(はたらきまん)は、安野モヨコが講談社の週刊モーニングで2004年から連載中の漫画である。 横山裕、田口淳之介、美波、香椎由宇、鈴木えみ 日本テレビ水曜ドラマ『働きマン』

今回見ているドラマ
こういうの書いたことないな( 現在放送中のTVドラマで見ているものは? 1.働きマン 漫画が原作のやつですね 内容としてもそれなりに面白いので結構はまってます まぁでも見る目的はUVERworldの浮世crossingが聞きたいってのが主ですが 2.ドリームアゲイン 野球

菅野美穂のウワサ話
] ないように注意しましょう。... 『働きマンが熱い』 ...菅野美穂主演ドラマ「働きマン」!フジから日テレが強奪!フジは勝手に話やキャストを決めたことで安野モヨコを怒らせ、日テレに「働きマン」を取られた形となったようだ

後悔してても仕方ない
やっと読んだよ、働きマン4巻。最近マンガ買っても読まずに放置っていうパターンが多すぎてorz 暇なくせにマンガ読むことすらしない日があるよ。マンガから刺激を受けることだって結構あるのに。一体どこまで怠惰なんだ。さっき自分の頭の中にある

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。